開幕直前!イチゴ狩り観光農園の失敗しない選び方!

おはようございます!
いっちーです。
スーパーでもイチゴが並びだしました。
まだちょっとお高いけど・・・。
そろそろいちご狩り時期だなぁと思います。
真っ赤なイチゴがいっぱい・・・そんな観光農園がたまりません。
今回は観光農園の勤務経験を生かして失敗しない選び方をちょこっと紹介します。
大きい実を食べたい!って方には必須情報ですよ(^^

スポンサーリンク

1.観光農園の探し方

イチゴの観光農園はネットで簡単にピックアップできます。
ちなみに旅行サイトで紹介されているところは大手の観光農園が多いです。
掲載に広告料を払っているところが多いですからね。集客に力を入れています。
当然そういったところはカフェが併設されていたり、直売所が充実していたりと
行くと楽しい農園です。ただ人目に触れる分お客さんも多いです。
なので・・・イチゴもたくさん食べられているので大きい物からなくなってます。
なので見つけやすいところはちょっと良い実を見つけるのは難しいですね。
なので一般的ですがGoogleマップで近くのいちご狩り農園を調べた方が穴場的な物は見つかります。
「○○ いちご狩り おすすめ」で検索掛けると旅行会社さん経由が上位に来ますからね。
穴場は地図の方が見つけられます。

2.品種が多い事にも注意!

現在のいちご狩りは品種がたくさん植えてあります。イチゴもたくさん品種があって味が違うので
食べ比べも楽しい!でも・・・探すときに品種だけでみないでくださいね。
実際どの程度植えているか?ここです。
8品種あるけどそのうち5品種はあんまり植えてないから
殆ど食べれないよ~って所もあります。また・・・イチゴにも早生晩生があるので
時期によっては全品種が食べられるとは限りません。
ここは・・・直接問い合わせるしかないですね。
ただ・・・農園の方々は全力で作っています。例えなくても・・・理解していただきたい!
自然相手の物なので、予測はできないんです。そりゃスタッフだっていつも全品種いっぱい実をつけたい!

3.イチゴ狩りのおススメの時期

イチゴ狩りは春!って思っていましたが・・・おススメは寒い時期!
寒い時期の方がイチゴがゆっくり売れるので糖度が違います。同じ種類でもね。
確か・・・寒い時には花が咲いて40日で実がなる。あったかくなると30日?
ちょっと随分と前の記憶なので曖昧ですが結構熟れるまでの時間が違うので
美味しさが溜まり方が違いますね。ただ・・・最初に時期ってイチゴも実をつけるのが下手で
形がいびつな物やコブシくらい大きい物や形が揃いません。
市場には出ない物しかできないのですが・・・味は絶品!寒い時期のイチゴ!是非食べて頂きたい。
いっちーは最初感動しました!
ただ・・・寒い時期はイチゴがなかなか熟れないので全体的な数は少なめです。
ここも・・・自然の物ですから・・・。

4.イチゴ狩りに行く時間

休みの日だし、朝ゆっくりして午後一くらいに行こうか~~。
悪いわけじゃありません。でもイチゴは一日にして成らず!
朝来た人はいい物から食べていきます。当然食べれば次にできるまでに時間がかかる。
なので良い実を食べたいときには開園と同時が絶対おすすめです。
また時間ではないですがクリスマスの後や、連休後など人が動いた直後は要注意!
イチゴを使い切っている農園さんもあるので良い実が少ないです。
ただこの辺りはどこの観光も一緒ですね。補充に時間がかかる分顕著に出てしまうのも農業観光です。

5.制限時間にも注意!

これはいっちーが言った経験です。
イチゴ狩りは時間制限のところが多いですね。
この時間、短いと安い傾向がありますが、実際10分も食べればお腹いっぱいです。
なのでお腹いっぱいにするだけなら、時間が短くて安価なところは選択肢です。
でもね・・・ここは好き嫌いなんですが・・・時間短いとみんな必死なんです。
当然「時間短いから早く食べないと~」って思います。だから忙しい!
また周りも忙しない!!大体いっちーももっとゆっくり食べればよかったってなります。
なので・・・安いから短くていい。ゆっくりしたいからちょっと高くてもいいなど
選ぶようにするのがいっちーは落ち着きます。久しぶりの友人と行くと話もしたいし、
座るところがあるとこなんかは最高ですね。値段が違ってもホント200円とかなんで
そちらを選ぶこともあります。

6.本日の締め

ちょっとイチゴを見つけたので昔を懐かしんでみました。
イチゴ狩りって食べるだけじゃないし、いっぱい並んだイチゴを見るのも壮観だし
イチゴを自分で探して選んで最もおいしそうなものをとって食べる!うまい!
この行程がたまりません。数も食べれるのも魅力ですよ。
あとね・・・。ポテチとか塩系のお菓子持って行くのもおススメです。
途中で口が飽きちゃうので(^^



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事