冬に春のスィート?季節外れの期待してしまう花!

おはようございます!
いっちーです。
旅行が出来ないのでこちらの記事も家庭菜園記事ばかりですが
家庭菜園はホント癒してくれる上に、変化を観察するのも楽しみです。
これからの時期は植物が動かなくなる時期ではあるのですが
それでも観察をするとちょっと変わった変化が起きます。
今日びっくりしたのはイチゴです。
イチゴ
ポールポテトという重ねることが出来るプランターで栽培中!
イチゴは種じゃなくてランナーで自分の分身を作って株を増やすので
この重なる感じがランナーを受けやすくてよいと考えています。
来年の春にはこのプランターが全てイチゴの株で埋まる予定です(^^
プランターの詳しい情報はこちらをご覧ください。

そんなイチゴで冬は冬眠時期に入るので、そろそろ
イチゴ
冬眠用に新葉が小さくなってきています。
ただこの中心部に見つけました。
イチゴ
ピントがずれてる!!
中央に花のつぼみです。

この時期に?しかもこの状態で??
花は身の危険を感じた時に種子を残すために出てきます。
イチゴの栽培はわざと日に当てなかったり、肥料を着たりして9月中旬位に花芽をだすんですが、
今回この時期に花を出す??って感じです。
どうなるかな?でもせっかくなので実にできるかやって見ようと思います。
ちなみに花が咲いて40日くらいで食べごろになるイチゴ。今からだと・・・年始??
ご機嫌な実が出来るかな?ちょっとしばらく注視したいと思います(^^

 



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事