ポールポテト

おはようございます!
いっちーです。
休養が一番の薬ですね。ちょっとずつ右手が回復中です。
軽くなら動かしても大丈夫!そんな感じです。
あまり動かさないと筋力が落ちそうなのが不安です(^^;
なのでちょっとした運動がてら、植え付けを行ないました。
一か月遅れですが、ちょっと楽しんでみたいという事もあってチャレンジです!
それがジャガイモ!
先日省スペースでも家庭菜園が出来る「ポールポテト」というプランターをいただきました。

がっつり組み合わさるので安心して使えます。

今回はこれにジャガイモとイチゴを植え付けていきたいと思います。
まずは14ℓの土を8つ購入してきました。
プランターは7つですが、右手のスチールは16ℓ入るのでこれくらいかなと。
植えつけは左のプラスチックの物にジャガイモを(いっぱい収穫したいから)
右手にはイチゴを(銀色に緑と赤が映えそうだから)植えていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.ポールポテト(プラスチック4段)にジャガイモを植えてみる

はるか昔、小学生のころにジャガイモを植えた記憶はある物の
どうやったかは全く覚えていません。
とりあえず聞いたところ種芋を土の中に植えればいい!但し深く植えるな。
え?それだけですか??(^^;
しかし実践でのみ伸びるいっちー!実行するのみ!
ということで

種芋!ちょと芽が出ています。こいつが目になるのか根になるのかさえ分かりませんが
芽になるんじゃないかと判断して上にしていきます

ポールポテト
角が出る仕組みなので端の方に種芋を3つ入れました。
株間なども気になったのですが、発芽しない可能性もあるので入れてみました。
この上に土を乗せて
ポールポテト
完成です!データ通り14ℓでピッタリです(^^
これを4段作りました!
ポールポテト
ハサミを置いているのは一番上に置くつもりで種芋が4つ入ったものです。
間違うといけないので目印です。
これにたっぷり水をやり、
ポールポテト
積み重ねました!さすが自重が加わると更に安定感が増します。
これで一つの種芋から3つくらい収穫出来れば・・・これを40個くらいのジャガイモが収穫できるはず!
楽しみですね!しかしこれを捕らぬ狸の皮算用と言います(^^;
変化が楽しみ!

2.ポールポテト(スチール)にイチゴを植え付ける

続いてはスチールの3段にイチゴを植えつけます。
イチゴに関してはそれなりに知識と経験があるのでちょっと余裕です。
ポールポテト
こちらの3つ!穴が小さい物を一番下にします。
上から漏れてくる水を下でキャッチして逃がさないという構造?
ポールポテト
16ℓ入るはずですが14ℓでちょうど良い土の量に感じました。
思えばプラスチックの方が接合部が
ポールポテト
ガッツリと食い込むのに比べて、スチールは
ポールポテト
突起を穴に差し込むタイプなので、ぎりぎりまで土を入れても大丈夫という違いが2ℓなのかなと思いました。
今回は14ℓでとりあえず様子を見ます。
ポールポテト
イチゴを3株植えました。
なぜ中途半端な植え方か?
イチゴが実をつけるのはおそらく来年の春です。
温かくなるとイチゴは自分の株を増やすために
ランナー
ランナーを伸ばします。
これを空いているスペースで受ければ現在3株のイチゴも時期に9株以上に増えます。
なので上に植えていて、ランナーが伸びたら下で受ける。この作戦です。
これならイチゴは株をたくさん買わなくても収穫をたくさんすることが出来るはず!
ポールポテト
やっぱり色合いが好きですね!うまく活着してくれるといいのですが。

3.本日の締め

ついに発動!省スペースで大量収穫のいっちー農園!
未経験のジャガイモと、経験豊富?なイチゴの万全の態勢で挑みます(^^
これで大量に収穫できたら・・・嬉しいですね!
また随時進捗はアップしていきます。

 

高さを生かせるプランター「ポールポテト」の詳しい情報はこちらをご覧ください



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事