農園の悲劇?連絡ミスだとこんなことが起こります(涙)

おはようございます!
いっちーです。
明日あたりから雨ですから梅雨入りですかね。
今年はちょっと梅雨が短いんじゃないかという予報も出ているようで・・・
雨が苦手ないっちーとしてはありがたい限りですが、
雨が降らないのも困るし、雨が降りすぎても困るし穏やかな日々が良いですね。
ほんと最近「恙なく」という日常が最も良い日々じゃないかと思います。
そんな日常にとある衝撃が走りました!
農園の連絡ミスから起こった惨事です。
先日記事にもした・・・

イチゴの交雑種じゃないかと思われる新芽!
いっちー農園には少なくとも2品種以上のイチゴがあるので
この新芽は明らかに交雑種で新種といえるんじゃないか?
ちなみに新種と言ってもただの雑種だし、何と何が掛け合っているかも分からないので
珍しい存在でも何でもないのですけどね(^^;
しかしせっかく芽吹いた新芽を来年用に育ててみようと思っていた矢先でした。
ふと・・・プランターをみると・・・

あれ??大きくなった・・・え??いや・・・こ・・・れは・・・

大葉?????

どうやら・・・妻はイチゴ葉もう増やさないと思って除去及び大葉を移植していました。
しまった・・・ちゃんと育てるって宣言していなかったんだ(^^;
と悔やんだところで既に時遅しです。
痛恨の連絡ミス。仕事でも徹底させられたでしょ?「報連相」ちゃんとしてなかったな~。
ちなみに一般でも「報連相」できないって怒っちゃダメですよ?
元々この言葉ってきっちり報連相できる環境を作るのがマネジメントの役目的な発言だったと記憶しています。
これを知ってから報告が上がらないのは自分の力不足か~って反省が多くなりました。
今回も・・・一人でにんまり考えずに「やって見ようか」って宣言しなかったミスですね(^^;
逆に妻に気を使わせて悪かったです。ごめんね。

まぁそんなこともあるさ(^^
ちなみに大葉は塩釜焼に重要な要素なのでしっかり育てて使っていきたいと思います。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事