小さいけど可愛い!岡山県の招き猫美術館に行ってみました。

おはようございます。
いっちーでございます。
かねてからちょくちょく耳に入っていた
岡山県は岡山市にある「招き猫美術館」に行ってみました。
いっちーは特にネコ好きという訳ではないのですが、
小さな美術館にちょっと興味があるのと、招き猫の美術館!
っていうのに気になっての行ってみました。
これが・・・
小さい割に作り込まれている美術館で非常に良い体験をしてきました。
撮影も自由なのでちょっとご紹介です。

スポンサーリンク

1.概要案内

招き猫美術館とは?
~明治以降の西洋文化の流入で、日本人が長い年月をかけて築き上げてきた伝統が
次第に姿を消しつつあります。 

 その中で、庶民芸術の代表であり世界に誇れるもののひとつでもある招き猫に初代館長は魅せられ、
収集を始めました。
幸せを運び活躍してきた招き猫をもう一度大切に育てていこうと1994年10月10日に開館しました。 

 以来、招き猫に関する作品の調査・研究・収集・展示・教育普及活動を行っています~

引用:招き猫美術館利用案内館長さんご挨拶より

高度経済成長期に消えゆく日本文化を憂えた郷土史家の先生たちが
急いで周りの民具を集めて郷土資料館を設立された。そんな気持ちと同じなんですね。
伝統文化の能や歌舞伎といった華々しい物だけでなく、生活に密着した日本文化も大事にしたいですね。

2.面白かった理由

展示を見て面白かった理由・・・というか魅力に感じた点を少しご紹介。
小さな美術館にありがちな、ちょっと埃っぽいっていうのがまずありません。
隅々まできれいに掃除されています。
古民家を回収されているようですが、どこもピカピカです。
また展示が古い招き猫の収集ではなく、現在の物から、過去のものまで
展示方法がちゃんと考えられておかれています。
一つ一つ照明も工夫されているので、暗い中にただ置かれている招き猫がある。
という状況ではありません。
特に・・・招き猫っていう特性から金アップなどの「パワースポット」を激押しです。
そのあたりもちょっと面白い。
さらにね・・・

お手洗いの案内までネコっていうこだわりですね(^^
美術館のロゴも作り込まれているので、設立の意図と展示への意欲を感じました。

3.ちょっとご紹介

中の物をちょっとご紹介。
いっちーが一番気に入ったのが

この招き猫!
なんともくつろいだ表情が可愛い!
ドラゴンボールのカリン様の様ですね。
これも招き猫になるんだ~って感じです(^^
このスペースにはたくさんの招き猫が置いてあり
見比べられるのが楽しいです。こんなかわいい同じスペースに

ちょっとホラーな猫もいます(^^;
この世界観の広さ・・・面白い!
ちなみに表には

ロボ招き猫?
日本文化は多様性!これも受け入れて展示をしている懐の広さ!
楽しいです。

館内は歩けば5分で終わりますが、いっちーは1時間近く滞在させてもらいました。
美術館ってそんなものかなって。興味が惹かれれば長くなるし、なければ短くなるし。
ちなみにお土産はパワースポットグッズがすっごい並んでました。
美術館面積の3分の1はグッズコーナーじゃない?っていうくらい場所とってましたね(^^
もともと民家くらいの広さなので。

4.アクセス

詳しいアクセスは公式HPを見てください
公式:アクセス方法

口コミにはすっごい山道みたいなものも見受けられますが、いっちー的には整えられた良い道でした。
また岡山市内からは「車」ならかなり近いと思いますね。
ただ・・・公共交通機関では無理そうです。駅もバス停もないそうです。
スマホの電波も届きませんでしたから(^^;

5.本日の締め

植物ネタとは全く関係ないのですが行ってよかったって思える美術館でした。
ただ・・・好き嫌いというか素通りになる人もでるだろうって美術館です。
ちなみに教育的な要素は全く感じませんでした。ただ・・・面白いって(^^
最近菜園にも置物など置いて楽しんでもいいかなって思っている矢先だったので
こういったものもアリかなって思います。

こんなのも可愛いけどやっぱり写真に撮った目を細めたようなのが欲しいなぁ。
ちょっと面白いけど夜こいつを見ると怖いかも(^^;



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事