厳寒期!低コストで植物を元気にする秘策!イチゴ編

おはようございます!
いっちーです。

一月で寒さも厳しくなってきました。
いっちーのイチゴ農園も・・・

小さくなっちゃいました。
葉っぱも子供の手のひら程度。
こうなると・・・光合成も低いし・・・

イチゴさん寝ちゃってます(^^

簡易ハウスの失敗もあり、負担をかけないためにも
休眠させる方がいいのかなって思いましたが・・・

そんなわけにもいきません。
今回は・・・イチゴを元気にさせる秘策です。
低コストで(^^

スポンサーリンク

1.日照延長

冬になると日が短くなるので、光合成できる時間も少ない・・・。
それもイチゴの休眠の要因ですね。
なので・・・電気をつけて人工的に春に近い雰囲気を出す。
それが日照延長です。ちなみに真夜中に明るくして
無理やりイチゴの睡眠を起こす暗期中断もありますが、
今回は低コストがモットーなので夕暮れを明るくしてやりたいです。
ただ・・・電気を使うのももったいない!
ということで・・・考えました

2.ガーデニングソーラーライト

そこで考えたのがソーラーライト!

こんな奴です。
ソーラー蓄電して暗くなったらしばらく
点灯してくれるものですね。
これを延長に使います。

こんな感じで設置です。

3.効果

さて二日ほどして朝様子を見ると・・・

ちょっと葉っぱがライトに向いています。
電照はなかなか成果がでないといいますが、
意外と葉っぱの向きをみていると反応するのが
わかるのですが・・・今回は顕著ですね。
この調子で頑張ってもらいたい!

が・・・

3日で壊れました・・・
点灯しなくなったんですね・・・
なんで?300円だから??

4.本日の締め

せっかく導入したのに壊れちゃいました・・・

やっぱりちゃんとしたものを買うべきか・・・
そういえば一時100均にもあった気が・・・
探してみます(^^


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事