イチゴの実を付けるための秘策公開!後悔?

外遊び屋です。
四季成りイチゴの収穫がピークで良い感じです。
しかし・・・
油断大敵です。
なんと・・・

最初に買った四季成りイチゴさんが・・・
芯どまりになってしまいました・・・。
思えば・・・

ホントに最初の一株です。
この子から・・・

こんなにたくさんの株に増えました。
お陰でジャムが出来るくらいのイチゴも収穫出来ました。
この1号さんが・・・

どうも葉の色が悪いと思ったら・・・
新葉が出なくなっていました・・・。
原因は・・・

肥料切れでしょう・・・

実がたくさんできている時に肥料をやり忘れていました。
プランターも小さいので肥料が足らず・・・
成長点が無くなってしまいました。
最後まで実をつけてくれて・・・ありがとう。

しかし・・・
先に止まったはずの株では・・・

脇芽が大きくなってきました。
持ち直してくれるかな・・・

スポンサーリンク

1.実を付けるための秘策

さて残念ながら増えた株はまだ実をつけてくれません。
自分に力があるので子孫を残すモードに変わってないんですね。
このままだと実をつけずに冬眠してしまう・・・

って事でなんとか実を付けるために少し機器を与えます。
それが・・・

断根。

根を切って養分の吸収を抑えるという事。
これにより花を出してくれる可能性があります。
また根を切ることによって新しい根が刺激で出ることがあります。
実をつけるモードに切り替わって、新しい根がさらに養分を吸えば
いい実ができる・・・はずなんですね。

こちらの勢いのある株で実験です。
ホントは少し離れたところをぐるりと切りますが、
ちょっとだけにしたいので・・・

1か所だけスコップを差し、
一部だけ切りました。
これが・・・どういった結果に出るか・・・楽しみです。

2.本日の締め

この方法で後悔する可能性もありますが・・・
上手くいけば実の収穫も倍増するはずです。
しっかり観察していきたいと思います!



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事