冬に向けてのイチゴの株づくりポイント!

おはようございます!
いっちーです。
冬に向けてイチゴの株づくりです。
四季成りイチゴさんは現在着果中なので
あまり葉っぱは取っていません。
しかし冬のイチゴはまだ実をつけていないので
しっかりと体力をつけてもらいます!

スポンサーリンク

1.プラン

イチゴの株は脇芽を増やして、イチゴの収穫量を増やす・・・・
という手もありますが、いっちーは一株入魂!
粒の小さい物をたくさん採るではなく大きい物を採りたい!
という事で一株に脇芽をつけずに行きたいと思っています。
また・・・できれば11月に実をつけたいので
収穫時には葉っぱを7枚程度にしておきたいとも思っています。
葉っぱで光合成された養分が甘さとなり、実に行きますので(^^
教科書的には10枚程度ですが、あまりもっさりすると虫も病気も
付きやすくなるのでとりあえず7枚にします。
また週に一枚葉が出るので・・・・まだまだ8週間ほどありますね。
なので、今ある葉っぱはすべて入れ替わると踏んでいます。
ガッツリとっても大丈夫ですね(^^

2.病気苗の撤去

さて、雨の合間で作業に入ります!

まずは・・・個の枯れた物を撤去します。
恐らく炭疽病ですね。菌が残っているので
ホントは消毒をしたいところですが、
残念ながらその手段がないのでこのままです(^^;
通常はここにランナーを刺して採苗するのですが・・・
今回・・・

こいつら・・・とると・・・


ずぼらなお陰?
ランナーから既に根が出てついている物が
プランター内に複数あったので
これを切り離して移植します。
この手法は活着率が減りますが、成功すれば
採苗より速いスピードで根付くし
なによりランナーの届く範囲でなくても移植できるので
楽ですね。
これにより・・・3株ほど株を確保できました。
活着できればですけれどもね・・・

2.剪定


この状態ですね。
葉っぱの色も悪いし・・・
余計な脇芽と葉っぱをとります。
いっちーは株元がもっさりしているのが
なんか汚らしく見えるのでスッキリさせたい!
っていう事で

バシッと取ってやりました。
ちなみに・・・教科書では一週間に一枚となっています。
まぁ・・・大丈夫でしょう!
これで葉っぱは減りましたが日はあたるので
光合成の効率は上がるのではないかと考えています。

3.本日の締め

やっと手入れが出来ました。
20分程なのでもっとこまめにすればいいのですが・・・
中々・・・(^^;
これで・・・
そろそろハウスの準備をしないとな~。

あ・・・ハウス風ですよ(^^



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ポチっとして頂けると嬉しいです!
スポンサーリンク
おすすめの記事